決心した人の話

私はお金を借りたせいで差し押さえされそうなので財務整理をする事を決心しました。

債務整理すると借金が大幅に減りますし、差し押さえを免れられるからです。

家から近くの弁護士事務所で相談にのって頂きました。

我が事のようになって相談にのってくれました。任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、破産のような完全な免責とは違い、返済すべき債務が残っています。
もし、この返済が滞ると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄という事になって、その間に発生した遅延賠償も合わせ、全額の一括返済をもとめられるはずです。再生契約や和解の取り決めはきちんと守れるような生活をしていかなければいけません。債務整理をしたことの記録は、結構の間、残ります。

この情報が残ったいる期間は、借入ができないでしょう。
情報は年数が経てばいずれ消去されますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で残されています。

過去には出資法に従い、利率が利息制限法をオーバーするような貸付が珍しくありませんでした。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。現代では利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。よって、借金をグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行なうと払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。これがすなわち過払い金請求です。

借金 払えない 場合